Finca La Alquimia フィンカ ラ アルキミア(150g)
5e3a605894cf7b7de642080c

Finca La Alquimia フィンカ ラ アルキミア(150g)

¥1,400 税込

送料についてはこちら

  • 豆のまま

  • 挽きめペーパーフィルター用

  • 挽きめフレンチプレス用

Costa Rica Brown sugar / Tropical fruits Location : Grecia,Naranjo,WestValley Farm : La Alquimia Processing : Washed Variety : Centroamericano H1 Altitude : 1650m Roast profile : Filter roast まだ新しいハイブリット品種、セントロアメリカーノ H1種 クリーンなシトラステイストが特徴的ですが、へーゼルナッツのような風味やトロピカルフルーツのようなユニークな甘さがあります。 セントロアメリカーノH1とは。 T5296 xルームスーダン 錆に強いT5296とエチオピアの在来種であるルームスーダンの交配に由来する第1世代(F1)ハイブリッド。Centroamericanoはコーヒー葉さび病に耐性があり、非常に高い収量を示します(育種評価では、中央アメリカの標準品種より22〜47%の生産増加を示しました)。Centroamericano H1は、高地で適切に管理された場合、優れたカップ品質の可能性があることも証明されています。2010年に中米の農家向けにリリースされました。 この品種は、フランスの研究所CIRAD、中央アメリカの全国コーヒー研究所の地域ネットワーク(PROMECAFE)、およびコスタリカのコーヒー遺伝子銀行(CATIE)を含むコンソーシアムによって作成されました。中央アメリカのF1ハイブリッドは、伝統的なアメリカの品種が遺伝的に厳しく制限されているため、地域の品種の遺伝的多様性を高めるためのブリーダーの努力の一部です。 通常、F1ハイブリッド親は遺伝的に互いに離れているように選択されます。この距離は、カップの品質や耐病性を損なうことなく、高収量と全体的な活力(霜に対する耐性など)につながるハイブリッド活力を最大化します。世界にはほんの一握りのF1ハイブリッドコーヒー品種があり、そのほとんどは過去10年間に開発され、最近では農家が商業的に利用できるようになったばかりです。 https://varieties.worldcoffeeresearch.org/varieties/centroamericano